【Balea/Shampoo Feichtigkeit】55セント!?ドイツ激安シャンプーのレビュー!

Balea Feuchtigkeit Shampooドイツコスメ情報

みなさん、この世に普通のサイズで55セントのシャンプーがあるなんて、信じられますか?

私は実際にそれを買ったにもかかわらずいまだに信じられません。笑

先日、プチプラのおすすめヘアケアについての記事を書きました。↓

ドイツのおすすめヘアケア決定版!【シャンプー・トリートメント・ヘアオイル】
ドイツのドラッグストアで買えるおすすめ!シリーズの第2弾! ヘアケアHaarpflege編です。 ボディケア編も気…

そのときに、そういえば何人かのドイツ人Youtuberin(女性ユーチューバー)の動画でBaleaのシャンプーがおすすめされてて、それがめちゃくちゃ安かった気がするな…試したことないな…とふと思いだして。

1ユーロくらいだったかな~と思いながらdmに行って見てみたら、なんと55セントだったんです!

ええっ、1ユーロ以下って…!?
チョコレート1枚の半分以下で買えちゃう。

しかもシリコンフリー。

今回は、毎日ではないですがその55セントシャンプーを約2週間使ってみた感想、成分、なぜそんなに安いのか、を書いていきたいと思います。

Balea/Shampoo Feuchtigkeit

Balea Feuchtigkeit Shampoo

 

(商品レビューのページでもちょこっとイラスト入れたいなぁと思って、ひょっこりさせてみました♪)

 

パッケージはこんな感じ。

”trockenes&strapaziertes Haar (乾燥した&傷んだ髪用)”と書いてあります。

パッケージからもわかるようにマンゴーの香り。
安いから変な芳香剤みたいなにおいかな?と思いきや、フレッシュでさわやかな、確かにマンゴーっぽい香りです。
リアルなマンゴー感はないものの、くどくないフルーティーさ。

まあさすがに高級感はないけど、さっぱりした香りで私は結構好き。
あっ、シーブリーズっぽい感じもします。
シーブリーズのあのスプレーじゃないシャバシャバした、ボトルがカラフルなやつ。笑
中高生の時みんな使ってたな。(懐かしい)
男性が使っても全く問題ない香りだと思いますよ。

別の香りで別の機能のシャンプーも、同じシリーズでたくさん出ています。
すべて55セント。

そしてこれ、シリコンフリーなんです!
シリコンフリーのシャンプーってだいたいシリコン入りのものより高いから意外でした。

 

成分

Aqua, Sodium Laureth Sulfate, Cocamidopropyl Betaine, Glycerin, Sodium Chloride, Panthenol, Niacinamide, Tocopherol, Ascorbyl Palmitate, Parfum, Glyceryl Oleate, Coco-Glucoside, Glycol Distearate, Hydroxypropyl Oxidized Starch PG-Trimonium Chloride, Hydroxypropyl Guar Hydroxypropyltrimonium Chloride, Laureth-4, Hydrogenated Palm Glycerides Citrate, Lecithin, Sodium Benzoate, Potassium Sorbate, Citric Acid, Sodium Lactate, Lactic Acid

水、ラウレス硫酸ナトリウム、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、塩化ナトリウム、パンテノール、ニコチン酸アミド、トコフェロール、パルミチン酸アスコルビル、香料、オレイン酸グリセリル、ココグルコシド、ジステアリン酸グリコール、ヒドロキシプロピル酸化デンプンPGトリモニウムクロリド、ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ラウレス-4、クエン酸水添パーム油脂肪酸グリセリズ、レシチン、安息香酸、ソルビン酸カリウム、クエン酸、乳酸ナトリウム、乳酸

なんでこんなに安いの?

日本の代表的なシャンプーとして、例えばツバキのシャンプーを見てみると…
詰め替え用の330mlで大体400円以下。


資生堂 ツバキ (TSUBAKI) しっとりまとまる シャンプー つめかえ用 330mL

それでも日本のシャンプーの中では結構安い方かな?と思います。

それに対してこのBaleaのシャンプーは300mlと容量はほとんど変わらないのに55セント…。
日本円にすると大体70円くらい。(!)
安すぎです。

なぜこんなに安いんでしょう?
理由を調べながら考えてみたんですが、よくわかりません。笑

まあBaleaはドラッグストアdmのいわゆるプライベートブランドで、広告費がかからない分安い、というのはわかるのですが、それにしても安すぎて、どーなってんの!?って感じ。

ドイツってそもそもシャンプー類が日本より安いですよね。
なんでなんだろう…。原料が安いのでしょうか。
ちょっと容量は少なめな傾向にはあると思いますが、その差以上に安いから不思議です。

 

2週間使った感想は…?

さて、約2週間、毎日でないにしろ使ってみた感想は…

・値段の割に悪くない。
・トリートメントと併用すれば、そんなに乾燥も気にならない。
・むしろ頭皮がさっぱりして好き。
・香りも好き。乾かすとそんなに香らない。
・顔に塗るものは香料入りだと荒れることがあるけどシャンプーは大丈夫なのでこれも問題なかった。
・4~5日連続で使うとやっぱり少し髪がパサついてくるかも。
・さっぱりしたいとき、旅行中には使える!

です!

先ほども紹介した以前の記事↓でも書いた、普段愛用しているGanierのトリートメントとロレアルのヘアオイルを併用しました。

ドイツのおすすめヘアケア決定版!【シャンプー・トリートメント・ヘアオイル】
ドイツのドラッグストアで買えるおすすめ!シリーズの第2弾! ヘアケアHaarpflege編です。 ボディケア編も気…

しっかり効果を感じられるトリートメントとヘアオイルを使えば、どんなシャンプーでもある程度の仕上がりになる気がします。
普段からその2つを外すことはないので今回もこのBaleaのシャンプーだけでヘアケアを終わらせることはしませんでしたが、多分それだけじゃ結構乾燥してしまうと思います。
トリートメントとヘアオイルを使っていても数日連続でこのシャンプーだと私は何となく髪の毛の乾燥を感じました。
毎日髪を洗わない派の人は毎回使っても大丈夫かもしれません。

また、毎日洗うけどそれでも頭皮が少しぺっとりする!って方には、洗浄力が強めなのでぴったりかも。

あとは旅行で荷物を減らしたいときに、旅行先のdmでこのシャンプーと1回分ずつの小さいパウチで売っているトリートメントを買うのがおすすめ♪
なんせ55セントですから…。
シャンプーは旅行中の手洗い洗濯にも使えます。

2週間使っても、「えっ、減ったの?」ってくらい残っているので、これから暖かくなってきて頭皮がべたつくときなんかに使い続けようと思います。

気になった方は、お財布にも負担がかかりませんのでぜひ試してみてくださいね♡
Baleaはdmのプライベートブランドなので、ほかのお店には売っていません。
本体が安すぎて、誰も送料かけてまでネットで買わないと思うので今回Amazonのリンクはつけませんでした。笑
dmで探してみてください♪

 

それではまた(^O^)/Tschüss!!

コメント