【一時帰国】おばあちゃんウケが良かったドイツ土産おすすめ7選!

おばあちゃんと女の子ドイツ暮らしに役立つ

私はいつも大体夏休みに一時帰国をします。今年ももう少ししたら日本!
何年もドイツにいると困るのが…お土産ネタ切れ問題。笑

ここで一度、何をあげたら喜んでもらえたかを自分のためにもまとめてみたいと思います。

今回は、おばあちゃん編です♡笑
ちなみに私のおばあちゃんは80代で、おしゃれ好き、ちょっと忘れっぽい、田舎でひとり暮らし、って感じなので、ご参考までに…。

Feilerのハンカチ

おばあちゃんへのお土産で一番大事なのは、”わかりやすさ”だと思うんです。
ドイツ感はあるけど使い方などがわかりやすくて、普段から使っているようなもの、食べているようなもの。

それで最初に思い付いたのが、Feilerのハンカチ♪
ドイツのものとして有名な割に意外とその辺の街なかでは売っていないので、私はいつもオンラインショップかAmazonなどで買っています。
公式オンラインショップのほうがもちろん品ぞろえはいいのですが、送料も含めるとAmazonの方が安くなることが時々あります。

Feiler公式オンラインショップ(ドイツ)はこちらから⇒Feiler公式サイト

以前こちらの記事に、ドイツでFeilerのハンカチを手に入れる方法や、どうしてドイツにはハンカチが売ってないのか?など詳しく書いたので、まだ読んでいない方はぜひ♪↓

ドイツにハンカチが売っていない理由・かわいいハンカチを手に入れるには
日本のデパートに行くとだいたい1階にハンカチ売り場があって、かわいい物好きの私は見るだけでもわくわくしてしまいます。…

 

EisweinやBeerenausleseなどの甘いデザートワイン

私のおばあちゃんはワインなどのお酒を時々ほんのちょーっと飲むのですが、ものによっては渋くて好きじゃないと言っていたので、Eisweinをあげたら甘くて飲みやすいと喜んでくれました♪
親戚で一緒に飲むと、話も弾んで楽しいですよ。おばあちゃんはすぐ眠くなっちゃうけど…笑

Eisweinとは簡単に言うと凍ったブドウから作られたワイン。
口当たりがトロっとして甘いので、デザートワインと呼ばれるジャンルの一つです。

Amazonのこちら↓は3本入りなので、おばあちゃん用・実家用・自分用にするとぴったりで便利でした。

Eisweinのほかにも、BeerenausleseやSpätleseなどいろんな種類のデザートワインがあるので、ワイン屋さんに行って聞いてみたり自分でも試してみるといいかも。

薄めのきれいなストール

どんな時期でも使える、ストール。
ファッションに合わせていくつあってもだいたい困らないから、お土産にしても喜ばれます。

私のおばあちゃんはストール系はすっきりと巻きたい人なので、あんまりボリューミーにならない薄手のストールを選びます。

ドイツのブランド『FRAAS』のストールは、ウール+綿+麻のミックスの生地がさらっとして気持ちいのでおすすめ。
価格も買いやすく、どの世代でも使えそうな柄がたくさんあります。

Amazonにもありますが、ベルリン・ドレスデン・ライプツィヒなどには直営店もあるそうなので近郊にお住まいの方は覗いてみては♪

 

入浴剤

浴槽に浸かるのがすきなおばあちゃんなら喜んでくれるのが、入浴剤♪

KneippやDresdner Essenzなど、ドイツにはいろいろ入浴剤が売られていますよね。
お土産としてだれに渡しても無難なのはラベンダー系の香り。

これ、なんだっけ?何語??とならないように、『ドイツの入浴剤 ラベンダーの香り』と日本語訳を付箋に書いて貼ってから渡してあげます。笑

街なかのdm、rossmannなどドラッグストアに売られているほか、それぞれのメーカーの公式オンラインショップにはたくさんの種類があります。

Dresdner Essenz公式オンラインショップ(ドイツ)

Kneipp公式オンラインショップ(ドイツ)

ハンドクリーム

普段からハンドクリームを使うおばあちゃんなら喜んでくれます♪

ちょっとパッケージはおしゃれで、香りは強すぎない無難なものがいいかも。

私のおばあちゃんはバラの香りが好きなので以前これをあげたら喜んでくれました♪↓
ナチュラルコスメで、香料も自然のものを使っているのでいい香り。

紅茶

おばあちゃんに限らず割と誰にでも喜んでもらえる(特に女性)のは、紅茶。

ドイツの紅茶ブランド『Ronnefeldt』の紅茶セットを実家に持って帰ったら好評だったので、今度おばあちゃんにもあげようかなと思っています。
気軽なティーパックタイプで。

これも、多分どんな紅茶なのかわからなくなると思うので、パッケージに一つ一つ説明を日本語で書いてから渡します♡

実店舗で買う場合、おいしさを求めるなら紅茶専門店、手軽に買いたいならスーパーやドラッグストアで。
普通のスーパーよりBIOのスーパーの方が紅茶の種類が多かったりします。

ドイツらしいきれいな景色の写真

おみやげ…と言えるのかはわかりませんが、
こんなところにいるんだね~学校はこんな感じなんだね~ってわかるのが楽しいみたいで、すごく喜んでもらえます。
自分も写っているものだとなおよし。

自分でうまく写真が撮れないときとかは、お土産屋さんに売ってるその町の景色のカレンダーやポストカードとかもおススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

おばあちゃんにもお土産あげたいけどどうしようかな~と悩んでいる方がもしいれば参考にしてみてください♪

それではまた(^O^)/Tschüss!!

コメント