【ドイツで節約料理】ラディッシュの甘酢漬けのレシピ【栄養豊富!】

ラディッシュの甘酢漬けおいしいレシピ

コロナで演奏の仕事がすべてキャンセルになってしまったせいで、貧乏学生から超貧乏学生にグレードアップ(ダウン?)した私ですが、そんな私が最近よく活用しているお得な野菜があります。それが…

ラディッシュ!

ドイツ語でも”Radieschen”、日本語でははつか大根とも言いますが、これがドイツのスーパーではめちゃくちゃ安いのです。

たっぷり葉っぱと一緒に束になってて、50セント前後、または安いスーパーやセール中なら30セント前後で買えることも♪

安いだけではなく、ビタミンCなど栄養もすごく豊富なので健康や美容にもいいのです!

今回はそんなラディッシュを使った、ずぼらでも簡単にできる甘酢漬けをご紹介します♪

葉っぱの部分を使ったピリ辛炒めのレシピも次の記事として書くのでそちらもお楽しみに(=゚ω゚)ノ

材料(ラディッシュ一束分)

・ラディッシュ Radieschen…一束分(だいたい10個くらい)
・リンゴ酢 Apfelessig…大さじ2と1/2
・砂糖 Zucker…大さじ1
・塩 Salz…小さじ1

※お酢は日本の米酢とかがあればもちろんそれでもいいのですが、ドイツでは手に入りやすいリンゴ酢を使っています。さわやかなほんのり甘いリンゴの香りがあって私はむしろ米酢より好きかも!
※健康のためですが、私は砂糖はキビ砂糖(Rohrohrzucker)を使っています♪

作り方

1.ラデッシュの葉を切り落とします(別の料理に使えるので捨てない!)。
葉を根元から切り落とそうとすると無駄が出てしまうし、少し葉っぱが残ってると見た目もかわいいので私は数ミリ葉っぱが付いてる状態で使います。

2.ラディッシュを5ミリ~7ミリくらいの厚みに切ります。

3.2のラデッシュとその他のすべての材料をジッパー袋にいれて袋の上から揉んでなじませたら、なるべく袋の空気を抜いて閉じて、冷蔵庫で数時間~一晩ほど置いておきます。まんべんなく液がいきわたるように途中で一度上下をひっくり返すと良いです。

4.味が染みたらできあがり!

上下ひっくり返すのを忘れるとこんな風に↓ムラになります。笑(今回は早く食べたかったのでという言い訳…でもやっぱり赤くなるまで漬かってるところのほうがおいしいです。)

ラディッシュの甘酢漬け

このモリモリ一束で数十セントはかなりの節約食材♪↓

一束のラディッシュ

赤ちゃんラディッシュ発見♡↓

赤ちゃんラディッシュ

なるべく空気を抜いて漬けるのがポイントです。↓

ジップロック

まとめ

はい、このブログで定番の、レシピと言えるのかわからないくらいの手抜き簡単レシピでした♪笑

安くて簡単にできて栄養も豊富なので、ぜひ作ってみてください。

それではまた(=゚ω゚)ノTschüss!!

コメント