【The Ordinary】10個をお気に入り順にランキング&レビュー!

The Ordinaryランキングドイツコスメ情報

以前にも増して日本でも話題になっている、The Ordinary

確か以前は公式サイトからの日本への配送はなかったと思うのですが、今は日本へも配送するようになったみたいです。
それだけ人気ということですね♪

このブログにも一度、The Ordinaryについての記事を書いたことがありますが、検索でその記事に来てくださる方もどんどん増えています。

こちらの記事↓

実はこの記事を書いてからさらにいろいろな種類を購入していたのですが、そのレビューはまだしていませんでした。

今回は、以前書いたものも合わせて、試したことのある10種類すべてを自分のお気に入り度で勝手にランキング付けして、その順番で新たにレビューもしてみたいと思います♪

それぞれの商品の写真をクリックすると公式サイトの商品ページに飛べるようになっています。

The Ordinaryの化粧品は効き目抜群な分、副作用や併用できないものもあったりするので、購入の際は公式サイトをよく読んで調べてからがいいと思います。

今回は長くなってしまうのでそういった注意事項などは触れませんが、使った個人の感想として参考になればうれしいです♪

1. Hyaluronic Acid 2%・B5

ヒアルロン酸

1位に輝いたのは、ヒアルロン酸とビタミンB5の美容液!

私は皮膚科の先生に、オイルではなくヒアルロン酸のような保水成分でスキンケアをしたほうが肌質に合ってる、と言われてからヒアルロン酸という文字には目がないのです。

顔用の保湿クリームも、Ceraveのセラミドとヒアルロン酸の入ったものを愛用しています。

そのクリームだけでも十分保湿力はあるのですが、さらにこの美容液をクリームの前に仕込むと、肌がパーン!とつやつやになるんです♪

しかも油分で作るようなテカリにならないのが好き。
なので、夜の保湿力をプラスする用途ではもちろん、朝のメイク前につやを仕込む意味でも使います。

水分でハリが出るので、小じわや毛穴などの肌の粗も目立たなくなるような気がします。

The Ordinaryのなかでどれか一つだけリピートするとしたら今のところこれかなあ。

2. Niacinamide 10%・Zinc 1%

ナイアシンアミド

こちらは以前の記事でも紹介したもの。

これを使っているとなんとなく顔のくすみが薄まる+ニキビ跡などが薄くなるのが早い+肌が落ち着いている、という効果を感じます。

とはいっても使った翌日にびっくり!みたいな劇的な効果ではもちろんなくて、使うのを何日もさぼったときに『あれ?使ってた時の方が調子よかった?』と気づくような感じです。

3位に入れたビタミンCとアルブチンの美容液でも似たような効果を感じたのですが、ビタミンCの美容液は組み合わせを気を付けないといけなくてうっかりが怖いので、どちらかを選ぶならこっちの方が使いやすいかなあ。

3. Ascorbic Acid 8%・Alpha Arbutin 2%

vcとアルブチン

美白に効果がありそうで買ってみたもの。

これも2位のナイアシンアミドのように、くすみ抜けや肌の落ち着きなどの効果をを感じるので気に入っています。

ただこれは組み合わせに気を付けないといけなくて、
例えばこれとナイアシンアミドは併用してはいけないのですが一度うっかりしてしまったことがあります…。
塗りながら『あっ』と思ったけどもう眠かったのでそのまま寝ようとしたら、どんどん顔がかゆくなってきて慌てて洗い流しました(゜-゜)

洗い流したらかゆみもすぐ落ち着いたのでよかったのですが、皆さんもお気を付けて…公式の注意事項はよく読んで守ってください。

でも効果や使い心地自体はとても気に入ったので3位です。

4. AHA 30%・BHA 2% Peeling Solution

ピーリング

これも以前の記事で紹介したもの。

名前の通りピーリングなのですが、かなり強いです。ピリピリします
ピーリング系の化粧品は肌荒れしてしまうことも多いのですが、これはちゃんと効果があるのに肌荒れせず使えました。

これを使うと肌がツルっとして気持ちいいのですが、やりすぎるとバリア機能を弱めてしまうらしいので多くて週に1回かな。

いまは、ターンオーバーを早める系のニキビ用塗り薬を使い始めたので、作用の被るこちらの使用はやめていますが、使っているときはとても気に入っていたのでこの順位になりました。

5. Caffeine Solution 5%・EGCG

カフェイン

これは最初に使い始めたころは効果を実感できなかったのですが、最近になってもう一度使ってみたら

あれ?効果あるんじゃない??

となったもの。

朝のスキンケアのタイミングでこれで目の周りをくるくる優しくマッサージすると、なんとなくむくみが取れて目がすっきりするし、なんとなくクマも目立たなくなります。

『なんとなく』なレベルではあるのですが、使わなかった日に鏡を見ると

あれ?昨日の朝より目がどよーんってしてる??

と思うことが何度かあったので、効いてるんだと思います。

あとはこれも何となくなのですが、これを使ってるとまつ毛が伸びてる気がする…
カフェインってそういえばまつ毛美容液に入ってることもある成分だから、そんな効果もあるのか!?と思ったけど、公式サイトにはまつ毛についての効果なんて一言も書いてないので、私の気のせいかもしれません。笑

6. Matrixyl 10%・HA

しわ用

これはしわに効くと言われている美容液。

私はほうれい線に効いたらいいなあと思って買ったのですが、ほうれい線にはまだ効いてる感じがしません。
やっぱり根本の弛みがどうにかならないと治らないんだろうなあ。

でも、目の下の小じわには何となく効いてるような?ないような?

しわって、当たり前だけどこういう化粧品を使ったって朝起きたら消えてる!みたいなわかりやすい変化があるわけじゃないから、続けるモチベーションがなくなってきます。笑

これにもヒアルロン酸が入ってはいるのですが、1位のヒアルロン酸の美容液を使ったほうが、パーンと水分でハリが出てしわも目立たなくなる感じがします。

そのほうがモチベーションも上がるので、私はそっちでいいかなあ~と思っています。

7. Coverage Foundation

ファンデーション

こちらも以前の記事で紹介したものです。

その時も書いたのですが、崩れ防止系のシリコンたっぷりな化粧下地を使わないと結構よれやすいです。

普段はパウダーファンデ派ですが、下地を使わなくてもそこまでよれないリキッドファンデにも出会ったことがあるので、これはやっぱりリキッドファンデの中でもよれやすいほうなんじゃないかと思います。

シリコンたっぷりの下地を使うのはやっぱり気が乗らないので、これは日焼け止めに少し混ぜてトーンアップ下地的な感じにして消費しています。

8. Mineral UV Filters SPF 30 with Antioxidants

日焼け止め

「抗酸化・ミネラル・UVフィルター」という名前が肌に優しそうな気がして購入してみました。

使ってみると、口コミで見かけて引っかかっていた『白くなる』という点はあまり気にならず、まあトーンアップ効果かなとプラスに考えられる程度。笑

ドイツで今のところ一番気に入って使っているBaleaの日焼け止めの唯一の欠点であるテカリも、この日焼け止めに関してはそんなにひどくなくて、保湿クリームを塗ったときと同じくらい。

同じくドイツ在住の方が見てたら、

じゃあ当たりじゃない?やったね!ドイツでそれくらいまともな日焼け止めはなかなかないよね!

…と思われたかもしれません。が!私にとってはどうしても受け入れられなかった欠点が…

それは、『におい』です。

これ、無香料なのですが、粘土のような原料臭がするんです。。。
それさえなければこれがドイツで一番のお気に入りになったかもしれないのに…!

大丈夫な人も多いのかもしれないけど、私は粘土のにおいが子供のころからきらいなんです。笑
塗ってから30分もすれば匂いはしなくなるのですが、それでも朝から自分の苦手な匂いを顔に塗らなきゃいけないというのが辛くて、使うのを断念しました。

9. Marine Hyaluronics

マリンヒアルロン

こちらは、海の細菌(!?)や藻(!)などからできる、ヒアルロン酸に”似た”性質(水分の保持)を持つ成分の美容液。

なんだかよくわからないけどヒアルロン酸は好きなので買ってみました。笑

でも1位にした”本物の”ヒアルロン酸の美容液があればこれはいらないかな、というのが使った感想。
さらさらしてて化粧水のような感じで、ヒアルロン酸に似てるというわりにそんなに保水力なくない?って感じです。

まあ公式サイトにも、「このフォーミュラは非常に軽い質感です。より粘性の高い処方を希望する場合は、ヒアルロン酸2%+ B5を使ってみてください。」と書いてあるんですよね。

逆に言えば、ヒアルロン酸のもっちりぺとぺと感が苦手だけど水分を入れたいって方はこちらのほうがいいのかもしれません。

10. Granactive Retinoid 2% in Squalane

Retinoid

これはスクワランオイルを基剤にして2%のGranactive Retinoidが入っているもの。

このGranactive Retinoidというのは”レチノール”とほぼ同じようなものなのですが、レチノールより少ない刺激でありながらアンチエイジングの効果をさらに期待できる、という特徴があるそうです。(専門的なことはわからないので、詳しくは公式サイトを読んでね!)

レチノールって初めて使うとレチノイド反応で肌が一度荒れるらしいと聞いて、それは嫌だなあ…と思って使ったことがなかったんです。
でもこのGranactive Retinoidは刺激が少ないと書いてあるし、よさそう!?と早とちりして使ってみたのですが、、結果的に言うと私はこれで肌荒れしてしまって、めげて使わなくなりました。笑

The Ordinaryからは現在6種類のレチノイド/レチノールの美容液が出ていて、公式サイトにはそれぞれの特徴が以下のように書いてあります。

The Ordinary’s portfolio of retinoids includes the following formulations:

Granactive Retinoid 2% Emulsion (Moderate Strength, No Irritation)
Granactive Retinoid 2% in Squalane (Moderate Strength, No Irritation)
Granactive Retinoid 5% in Squalane (High Strength, No to Low Irritation)
Retinol 0.2% in Squalane (Low Strength, Moderate Irritation)
Retinol 0.5% in Squalane (Moderate Strength, High Irritation)
Retinol 1% in Squalane (High Strength, Very High Irritation)

これを見るとGranactive Retinoid 2% in SqualaneはModerate Strength, No Irritation=中程度の強度、刺激なし、と書いてあります。

ということはそんなに肌荒れしないはずなのですが、なぜかこれを夜塗って寝ると朝にはプチプチした肌荒れが出現…
皮膚科のお医者さんによると私は顔にはオイルをあまり使わないほうがいい肌質らしいので、基剤がスクワランオイルなのが原因っていう可能性もあるのかもしれません。

とにかく少量でもこれを使うと肌の治安が悪くなるし、原因がレチノイドなのかオイルなのかわからないままそこの肌荒れを乗り越えてみようという勇気もなかったので、使うのを断念しました。

これを使って口周りの肌荒れやニキビ跡が良くなればいいなと思って買ったのですが、いまはニキビの塗り薬を薬局で買って使い始めたらそちらが良い感じなので、こっちを使うことはもうないかな…

The Ordinaryのレチノイド系を試してみたくて特に私のようにオイルが合わない方は、スクワランオイルが基剤のものではなく、Granactive Retinoid 2% Emulsionというオイルフリーのタイプから試してみるといいかもしれません。

まとめ

10個一気にランキング+レビューをしてみました♪

そろそろ愛用するものを絞っていきたい一方、まだまだ試してみたい魅力的なものが色々あるので、また更に増えるかもしれません。笑
そのときはまたレビューしたいと思います。

それではまた(^O^)/Tschüss!!

コメント